コンサルティング事業:価値革新支援

価値革新支援を通じ、貴社の成長と永続を御支援します。

現在の日本では、かつてのような右肩上がりの経済成長が見込めず、「行き当たりばったり」、「とにかく頑張ろう」、というだけでは企業の発展はもちろん、永続も難しい状況です。まして、創業期の企業ではより慎重な対応が必要です。

自社を他と差別化させる「強み(コアコンピタンス)」を特定し、その強みを高める事業計画を策定することから始めます。

事前に計画を立てずに結果がよかったとしても、それは「たまたま」かも知れず次もよい保証はありません。逆に、たとえ結果がよくなかったとしても「どこが悪かったか」が分かれば、そこを直して次に臨むことで、少なくとも同じ過ちは防げるはずです。確かに、事業計画を立てたからといって、100%経営がうまくいくとは限りません。しかし、事業計画を立てた会社は事業計画を立てていない会社よりも経営がうまくいっているという統計があるのが事実です。

事業計画立案の具体的な効果

  1. 計画立案・実行段階で、数値面から課題が浮き彫りになり、解決策を真剣かつ具体的に考えざるを得なくなります。その結果、成長へ向けた具体的なアクションが取られる可能性が高まります。
  2. 結果段階で、内外の利害関係者に対し、経営状況について数値の裏付けある説明が可能となります。その結果、対外説明の説得力が大幅に上昇し、資金調達等にも有利に働く可能性があります。

企業を成長・永続させるために、「数字の裏付けがあり、強みが高められる事業計画」を策定しましょう!

コメントは受け付けていません。